General Information

Menu General Information

Lichen Planopilaris treated with Pioglitazone

Sunday, June 1st, 2014




Lichen Planopilaris Treated With a Peroxisome Proliferator—Activated Receptor γ Agonist Paradi Mirmirani, MD and Pratima Karnik, PhD Arch Dermatol. 2009 December; 145(12): 1363–1366. Lichen planopilaris is a form of scarring alopecia and beyond dignosis and steroid treatment, little is available. This article shows an alternative therapeutic modality. The mode of action is through agnosit action […]

STI – Definition

Saturday, February 1st, 2014




Also called sexually transmitted infections or venereal diseases, these are infection which can be transmitted by sexual intercourse. Bacteria, Viruses, fungi and protozoa can cause these infections. What are the most frequent sexually transmitted diseases (STD) ?   Chlamydial Infections Genital Herpes Genital warts (Condlyloma Accuminata) Gonorrhea HIV Infection/AIDS Non specific Urehtiritis (Non Gonoccacal Urethritis) […]

STI – mode of transmission

Saturday, February 1st, 2014




How does one catch a sexually transmitted infection (STI)? Sexual intercourse with an individual having a STI. Transmission of body fluids (sperm, vaginal or cervical secretions): Gonorrhoea (Gonorrhea) Hepatitis B HIV (Virus of AIDS) Non Specific (Non Gonoccocal) Urethritis Close contact with an individual having a STI: Condyloma Accuminata (Genital warts) Genital Herpes Pediculosis Pubis […]

STI – Clinical Features

Saturday, February 1st, 2014




The prinicpal symptoms are local itching and pain when urinating (dysuria). The following signs can be present: blistering on the genital organs genital discharge genital erosions or ulcers (painful or not) growths in the genital areas lymph node swelling rashes in the genital areas and on the rest of the body Sometimes, the infection can […]

STI – Practical Recommendations

Saturday, February 1st, 2014




What is the most important practical recommendations ? Value a stable partner and/or use a condom during each sexual intercourse. What must I do if I think I have caught a sexually transmitted infection (STI) ? See a doctor (physician) immediately and avoid sexual intercourse until instructed to do otherwise. Do not self-medicate. When must […]

STI – Confirmation of Diagnosis and Treatment

Saturday, February 1st, 2014




How is a Sexually transmitted infection (STI) diagnosed ? Blood and urine samples enable to detect common STIs (Chlamydial infections, HIV, Gonorrhoea (Gonorrhea), Syphilis). However, local sampling on the skin and mucous membranes and of discharge fluides according to the guidance of the doctor (physician) will confirm the diagnosis. Can all STIs be cured ? […]

淋病 (日本語)

Tuesday, December 31st, 2013




淋病とは? 淋菌(Neisseria gonorrhoeae)によって引き起こされる性感染症です。 淋菌の感染方法は? 感染患者との性交(膣、肛門、オーラル) 分娩時の(産道を通しての)母体感染 淋菌は、粘膜から離れると直ぐに死滅してしまうので、普段の生活で便座を経由しての感染などは起こりえません。 潜伏期間 感染してから症状が現れるまで、2~7日かかります。 兆候と初期症状は? 他の性感染症と同じく、症状には個人差があります。中には、症状がない患者もいます。以下は、よく見られる症状および兆候です。 男性 尿道異常分泌物(白または黄色っぽい) 排尿中の痛み(灼熱感)、刺激(排尿障害) 女性 膣分泌物(黄色または緑っぽい) 排尿障害 男女問わず: 首または腸の淋病は無症状の場合もあれば、咽頭通や直腸分泌物を引き起こすことがあります。 幼児: 結膜炎により視力を喪失する危険性があります。 長期的に併発する病気(合併症)は? 男性: 感染が睾丸、精嚢、前立腺にまで拡大し、これらの器官が急性または慢性感染となるケースがあります。 女性 不妊 子宮外妊娠 骨盤感染症 男女問わず: 感染は、関節、皮膚、心臓にまで拡大し、敗血症を引き起こすことがあります。 淋病の診断方法は? 患部(尿道、首、腸、子宮頸部)からの分泌物を採取し培養検査します。 血液検査は、診断の役に立ちません。 治療薬に対する淋菌の抵抗力は? 淋病を引き起こす淋菌には、様々な種類があり、中には、従来の抗生剤に対して抵抗力を身につけたものも存在します。 抵抗力を付けた淋菌は、ペニシリナーゼと呼ばれる酵素を生産し、ペニシリンの効力を中和させます。そのため、ペニシリンが一向に効きません。 淋病は治るの? 発見が早く適切な抗生剤を使用することで、淋病は治ります。 淋病かもしれないと思ったら? 早急に医師に相談し抗生剤を処方してもらってください。 治癒するまで性交は控えてください。 自己治療は控えてください。病気の兆候が見えない場合もあり、合併症を併発している可能性もあるからです。 薬物アレルギーがある場合は医師に伝えてください。 性的パートナーも医師に相談してください。感染している可能性があるからです。 淋病の発症は、他の感染症に対する抗体を作り上げることにはなりません。 「安全な性行為」とは? 性交中に互いの分泌液(膣分泌液、精子)が交わらない状態をいいます。 性交する場合は、毎回コンドームを使用してください。コンドームは男性用、女性用、どちらも市販されています。 性交前および性交中は、アルコールの摂取は控えてください。正常な判断ができなくなる可能性があるからです。   © 2009 クリストフスー (Christophe HSU) […]

性器疣贅 (尖圭コンジローマ) (日本語)

Tuesday, December 31st, 2013




性器疣贅とは? 性器または肛門部位に見られる性感染症です。 ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することによって引き起こされます。HPVは手、指、足にも確認できますが、性器疣贅を発症させるものとは種類が異なり、性的感染することはありません。 性器疣贅の感染方法は? 感染患者との無防備性交 分娩時に母から新生児への(産道を通しての)感染 自分の手や指で性器または肛門部位を触れることによる自体感染 性器疣贅の兆候および初期症状は? 患部の皮膚の厚み(肉質的な厚み)が増します。 痒みを伴う場合があります。 病変の大きさと数には個人差があります。 女性の場合、子宮頸部、膣、陰門に症状が現れます。 男性の場合、ペニスと尿道に症状が現れます。 男女を問わず、肛門周囲と肛門管にも症状が現れます。 治療をせずにいるとどうなるの? 進行し続けます。徐々に病変が増大する傾向があります。 妊娠中の場合、進行速度が早くなります。 性器疣贅の危険度は? 患者によっては癌を引き起こすこともあります。 性的パートナーに病気を移すことになります。 性器疣贅の診断方法は? 外観を診て臨床診断を行います。 子宮頸部および膣の病変に関しては、検鏡で確認します。 血液検査は、診断の役に立ちません。 性器疣贅の治療方法は? 治療には幾つかの方法があります。 化学薬剤:ポドフィリン、硝酸銀、トリクロル酢酸 液体窒素 イミキモドクリーム レーザー手術、電気焼灼、外科手術 治療を併合させたり、再治療を行ったりするケースもあります。 性器疣贅だと思う場合は? 医師に相談してください。. 妊婦さんは、妊娠中である旨を医師に伝えてください。妊娠中の患者には、胎児奇形を引き起こすポドフィリンは処方されません。 自己治療は控えてください。 病変が完全に消えるまで医師からの処方を続けてください。 女性においては、婦人科医にも相談し、定期的に子宮頚部スワブ(パパニコロー検査)を行い、子宮頸癌を発症していないか確認してください。 「安全な性行為」とは? 性交中に互いの分泌液(膣分泌液、精子)が交わらない状態をいいます。 性交する場合は、毎回コンドームを使用してください。コンドームは男性用、女性用、どちらも市販されています。 性交前および性交中は、アルコールの摂取は控えてください。正常な判断ができなくなる可能性があるからです。 © 2009 クリストフスー (Christophe HSU) – 皮膚科医. ジュネーブ、スイス 全国皮膚センター (National Skin Centre). シンガポール 日本語訳:白 […]

Common Hair Balding in men and women (androgenetic alopecia or androgenic alopecia)

Sunday, December 1st, 2013




What is common hair balding ? It is the most common form of hair loss in both men and women. In men it is characterized with a hair loss extending backwards as well as thinning of hair in the vertex (classification according to Hamilton). In women, the hair loss is more diffuse and more located […]

Mga Reaksyon Sa Gamot (Alerhiya sa Gamot) (Tagalog)

Sunday, November 10th, 2013




Ang alerhiya sa gamot ay hindi kanais- nais na epekto ng mga bawal na gamot o mga gamot na iniinom (o ini- iniksyon) sa ating mga katawan. Ang reaksyon sa gamot ay nahahati sa hindi pagka-hiyang at alerhiya. Ang mga alerhiyang reaksyon sa gamot ay maaaring maka- apekto sa balat pati na rin sa mga […]

image description