Section : 皮膚病

子供に見られる白いしみ (日本語)

クリストフスー(Christophe HSU) – 皮膚科医. ジュネーブ、スイス

子供に見られる白いしみに多く見られる原因は、次のものです。

1) 白色粃糠疹

2) 白斑

白色粃糠疹とは?

  • 白色粃糠疹は肌の軽い炎症です。
  • 顔や腕、上半身にできる楕円形に色素がぬけた複数のしみで、少しざらざらした感触があり、境界ははっきりしません。
  • 3歳~16際の子供に多く見られ、子供の30%に発症する可能性があります。
  • これらのしみにはかゆみはありません。
  • 真菌の感染症とよく間違えられます。
  • 白色粃糠疹は、太陽の光に当たると悪化する傾向があります。

白色粃糠疹

症状の進行と治療

  • 大きな危険はなく、アトピーやアトピー性皮膚炎に関連があります。治療には肌の保湿が効果的です。
  • 症状は数ヶ月から数年間続くことがありますが、徐々に消えていきます。
  • ステロイド配合のクリームが治療に効果的な場合もあります。
  • 医師の指示なしに、ご自身で治療を行なわないでください。
  • 抗真菌薬は使用しないでください。
  • 肌を洗いすぎることに注意し、刺激の弱い方法で洗ってください。

白斑とは?

  • 白班は色素の損失したしみのような疾患です。患部は平らで白く、境界がはっきりしており、症状が頭髪部分にあたる場合は、髪の毛が白くなることもあります。
  • 白斑には2種類あります。

1. タイプAの白斑。広範囲に左右対照的な白いしみが複数できます。手足、顔、首に多く症状が見られます。

2. タイプBの白斑。局所的にしみができます。子供に多いのはこのタイプの白斑です。

1. Aタイプの白斑は、数年にわたり広がり新しい病斑が現れ続ける傾向があります。

2. その反対に、Bタイプの白斑は急に現れ、1年ほどで消える傾向があります。

  • どちらの場合も、白斑の原因ははっきりと分かっていません。糖尿病や甲状腺の疾患をともなう場合もあります。
  • 白斑についてのより詳しい情報はこちら

白斑の治療方法は?

  • 医師が処方する治療方法には次のようなものがあります。

1. ステロイド配合のクリームまたはカルシニューリン抑制剤を使用した治療。人によっては再脱色を引き起こす可能性があります。

2. PUVA療法は、ソラレン使用後に紫外線UVAを肌に照射する治療法です。ソラレンはローションとして塗布するか、もしくは錠剤で服用し、これにより肌を 紫外線に対して敏感にします。効果を得るためには、1年またはそれ以上の治療が必要です。この治療方法は、できるだけ皮膚科医の指示のもとで行ってくださ い。

3. カモフラージュ化粧品の使用。白斑を隠し、自然な肌色を作るための化粧品を使用するのも一つの方法です。顔や手の甲の白斑には、カモフラージュ化粧品が広く使用されています。

4. 白斑は太陽の光に敏感なため、日焼け止めクリームを使用して保護します。患部が太陽の光に当たる場合は、日焼け止めクリームを塗ることが推奨されています。

5. 治療の効果には個人差があり、白斑のある位置によっても変わります。

© 2009

クリストフスー(Christophe HSU) – 皮膚科医. ジュネーブ、スイス

全国皮膚センター(National Skin Centre). シンガポール

はじめに

English العربية 中文-汉语 中文-漢語 Deutsch Español Français Italiano 日本語 Português русский язык 한국어 Tagalog

No related posts.


Category : 子供に見られる白いしみ - Modifie le 12.20.2010Category : 疱疹様皮疹 - Modifie le 12.20.2010Category : 白斑 - Modifie le 12.20.2010